サポート/研修

売れるネットショップ実習

買いたいものが決まっている時って、Amazonか楽天で買いませんか?で、最も安く買えるところで買いますよね?独自のネットショップの場合、ただ商品を並べても売れないのが現実です。売れるためには戦略をしっかり立てる必要があります。

売れないネットショップの要因

あなたがインターネットで何かを購入する時のことをイメージしてもらうとわかりやすいと思うのですが・・・、どこで購入しますか?

お気に入りのブランドであれば、そのブランドが運営しているネットショップ。会員になっている大手の通販サイトなどもあるでしょう。

具体的な商品が決まっている場合には、Amazonや楽天、ヤフオク、Yahoo!ショッピングあたりで型番や商品名で検索して、最も安く買えるところで購入しませんか?

集客力は大手ショッピングモールには敵わない

独自のネットショップを開店した場合の最初の課題は『集客』です。大手のショッピングモールは大々的なプロモーションを行っているので敵うわけがありません。

逆を言えば、はじめからお客様が集まっているところ、つまり大手のショッピングモールに出店した方が、お客様の目に触れる可能性は高いわけです。

しかし、あなたが商品を仕入れて販売している場合、ショッピングモールでは同じ商品を出品している販売者との価格競争に陥ります。あなたの商品を目立たせるには、広告を打たなくてはならないかもしれません。

でも安心して下さい。
大手ショッピングモールを賢く利用して、その圧倒的な集客力を活用する方法があります。

オリジナル商品を販売すればお客様は来るか?

型番や商品名が認知されている商品の場合、お客様は数ある大手のショッピングモールに行ってしまうことは理解していただけたかと思います。では、他では扱っていないオリジナル商品を販売した場合はどうでしょうか。

お客様は、あなたのオリジナル商品を、どこでどうやって知ることができますか?

テレビや雑誌で紹介されたり広告宣伝を行ったりしなければ商品の存在を知らせることが出来ないので、商品名で検索されることはないわけです。

でも安心して下さい。
商品名で検索されなくても、ネットショップにお客様を呼び込む方法はあります。

商品を売ってはいけない

商品を売ろうとすると価格競争に陥り、多くの利益は望めないというイメージは持っていただけたかと思います。また、認知されていない商品の場合、検索から誘導するのは難しいこともご理解いただけたかと思います。

では、今からネットショップを開店しても、もう勝ち目はないのか?

いいえ、そんなことはありません。なぜなら、世の中のネットショップのほとんどは「商品を売ろう」としているから。これが、ほとんどのネットショップは売れていないという悲しい現実の原因です。

だから、チャンスなんです!
賢明なあなたは「商品は売らない」で利益を上げる方法を身につけて下さい。

売れるネットショップにするために

商品以外のことでお客様との接点を作り、コミュニケーションを重ねて関係性を深めるのがポイントです。他のお店ではなく、あなたのお店から買う理由を作りましょう。

あなたの商品を欲しい人は誰?

  • あなたの販売する商品を欲しいと思っているのは、どのような人でしょうか?
  • なぜ、欲しいのでしょうか?

商品を欲しいと思うには理由があり、商品そのものではなく、その商品を通じて得られることに本質的な価値があるんです。「ベネフィット」って聞いたことあると思いますが、それです。

つまり、「商品を販売する」のではなく、「ベネフィットを提案する」ネットショップを構築するわけです。そして、そのお客様はどのような趣味趣向を持っているかを徹底的に考えて下さい。

「この商品に興味があれば、きっとあの商品にも興味があるのではないか」というように、商品ではなく心理面から考察すると、関連商品の展開がしやすくなります。

あなたは誰?

先ず、お客様が求めている本質的価値が、あなたの販売する商品にあると判断した場合に購買に結びつくということを理解して下さい。その上で重要になるのが、お客様にとってあなたは誰ですか?とういうことです。

あなたの発信する情報が受け入れられるには、その情報に関しては少なくともお客様よりもあなたの方が長けている必要があります。でなければ、その情報に信憑性はありません。

  • あなたは誰ですか?
  • あなたは何故その商品を販売しているのですか?

信頼がなければ買わない

同じ商品を買うなら「このお店で」とか、「あの営業マン」からという経験はありませんか?「こんな感じのモノが欲しいんだけど、あの人に相談してみよう」とか、あなた自身が誰かに相談されることもあるかもしれません。

その場合、お客様があなたのところに相談に来る時点では、商品を認知はしていないですよね。

もうお気づきですね?世の中のネットショップはただ商品を並べているだけで、お客様との信頼関係を構築しようとしていないから売れないんです。

だから、あなたは安心して下さい。
ここまで読んでいただいたあなたは、売れるネットショップにするための思考になっているはずです。

売れるネットショップ構築実習3ヶ月コース

今までの経験から、不特定多数を相手にした座学でのセミナーや、月に一回や二回のコンサルティングでは、ほとんど効果がないことがわかりました。

その場ではわかったつもりでいても、いざ実践しようと思うと進められなかったり、他の業務が忙しくて時間を確保できなかったりして、結局は何もしないで終わってしまうことがほとんどのケースです。

一人でやっている場合は、なおさらです。

ましてや、はじめてのことに取り組むのですから、お手本を示しながら一緒にやらなければ駄目だということに気づきました。自転車や水泳を覚えた時と一緒です。後ろを支えたり、手を持ったり、そうやって手取り足取り。

そこで週に1回、曜日と時間を決めて1~2時間程度のWebミーティングを行い、それぞれの進捗状況に合わせて1週間のタスクを決めて、一緒にやっていくというカリキュラムを作りました。

日々の作業中も、ビジネスチャットでいつでも何回でも相談できますので、一人で悩んでしまい進めれないということはありません。3ヶ月間、あなたのレベルに合わせて手取り足取り指導します。

カリキュラム

1ヶ月目:戦略立案とコミュニケーション設計

『あなたの商品を欲しい人は誰』『あなたは誰』『あなたから買う理由は』を徹底的に突き詰め、あなたの商品に合わせた『戦略』を立案します。そしてその『戦略』を『戦術』に落とし込み、お客様とどう接点を持ちコミュニケーションをとるか、当社独自のワークシートを使用して設計します。

あなたの事業主としての経験や考えと、僕のマーケティングの経験と考えをぶつけ合わせることで化学反応を起こし、一人で考えるよりも格段に良い『戦略』が立てられるはずです。

2ヶ月目:コンテンツ計画とネットショップ制作

1ヶ月目に作成した戦略立案とコミュニケーション設計ワークシートを基に、具体的なコンテンツを計画します。

はじめから、あれもこれもと盛り込むことはありません。必要最低限のコンテンツでホームページを制作し、先ずは全体像を形にしましょう。

また、当社に販売する商品を持ってお越しいただければ、撮影スタジオで撮影も指導します。必要であれば機材のレンタルも可能です。

Q.ネットショップって、そんなに簡単に作れるの?

ネットショップの作成には当社で開発した『簡単・最強・格安ホームページ』というシステムを使いますので、FacebookなどのSNSに文章と写真を投稿したことがあれば、誰でも簡単に作成できます。

実は、この当社のホームページも、そのシステムを使って作成しています。

3ヶ月目:コミュニケーション分析と改善

キャンペーンを行ったり、商品を発送したり、お客様対応したりだけが日々のネットショップ運営業務ではありません。

ネットショップは作っただけでは穴の空いたバケツと同じ。どこにどのぐらいの穴がいくつ空いているかを把握し、穴を小さくしたり、塞いだりしなければ、いくら蛇口をひねって水量を多くしてもバケツに水は溜まりません。

つまり、この穴こそがお客様とのコミュニケーション上の課題であり、ここを改善しないことには効率よく売上を伸ばすことはできないのです。

Googleが無償で提供しているアクセス解析ツールを使って、ネットショップ上でのお客様の行動分析を行うことで、コミュニケーションの課題を発見し改善を行います。ここで発見したコミュニケーションの課題で、コンテンツを追加する必要が出てくれば作成します。

Q.ネットショップ制作のポイント

成果があるかわからないコンテンツをはじめからガッツリ作るのではなく、必要最低限のコンテンツでスピーディーにネットショップを立ち上げ、ネットショップに訪れたお客様の行動分析を行い、必要であればコンテンツを追加していくのが効率の良いネットショップ作成および運営方法なのです。

ネットショップに完成形はなく、分析と改善を繰り返して随時変化していくものとお考え下さい。

費用

30万円(税別)

売れるネットショップ構築実習3ヶ月コース
在庫状態 : 〇
価格:¥324,000(税込)
数量
業種別ホームページ
トップへ戻るボタン