サポート/研修

最強ホームページ制作実習

ホームページは、デザインがかっこよくても成果にはつながりません。ただの会社案内やサービス案内ではなく、ホームページを事業に貢献させるためには、事前に戦略をしっかり立てる必要があります。

成果が出ないホームページの要因

使いにくいとか、表示速度が遅いとか、色々な要因がありますが、もっと根本的な部分で「誰に向けて、何をしようとしているのか」がよくわからないということがあります。

特にトップページが「新着情報」のみというホームページをよく見かけませんか?新しいお客様を開拓しようとしているとは思えませんよね。

トップページは誰が見る?

基本的にトップページは見せたいコンテンツへのリンク集のようになるので、一般的なキーワードで検索して訪問されることは難しいページです。

検索から訪問されるとしたら、会社名やブランド名など、いわゆる指名系のキーワードですので、事前に何らかの形で、あなたの会社やブランドのことを知った人ということになります。

ということは、会社名やブランド名で検索する人は、「どこで知って」「何を目的としているのか」を考えてトップページの構造を設計する必要があるわけです。

でも、難しいことはありません。
あなたが誰かを紹介されて初めて会った時、何が知りたいかを考えてみて下さい。

アクセスはあっても、直ぐに帰ってしまう

成果が出ない原因はアクセス数が少ないからだと思い込み、ランディングページ(閲覧開始ページとも呼ばれ、意図的に一番最初に見せるために作られたページを指す場合もある)を作って広告からアクセスを誘導しているという話をよく聞きます。

そのアクセスがしっかりと成果まで辿り着いていればいいのですが、きちんと把握できているでしょうか?恐らく「アクセス数」だけしか把握できていないのではないかと思います。

アクセス数を増やすことが目的になってしまい、あの手この手で興味関心度合いの低い人まで誘導してしまっていたら、直ぐに帰ってしまいますよね。それでは、いくら広告費があっても足りません。

でも、安心して下さい。
広告の効果検証を行えるようになれば、広告費の無駄遣いは防げます。

成果を求めるのが早すぎる

あなたの会社のことやサービスを知らない人に対して、いきなりセールスをしていませんか?あなたのサービスを今すぐに受けたくてホームページに訪れる人もいれば、関心はあるけどという段階の人、あなたのことを全く知らないという段階の人、あなたとお客様との心の距離は様々です。

なのに、どの人に対しても、あなたのサービスを直ぐに欲しい人と同じように接していたとしたらどうでしょうか?それ以外の人にとっては迷惑な存在になってしまいますよね。

初めて会った人に対して、「結婚して!」と迫っているようなものです。

だから、チャンスなんです!
世の中のほとんどのホームページは、そんな感じですから。

成果の出るホームページにするために

提供するサービス以外のことでお客様との接点を作り、コミュニケーションを重ねて関係性を深めるのがポイントです。他の会社ではなく、あなたの会社から買う理由を作りましょう。

あなたのサービスを受けたい人は誰?

  • あなたの提供するサービスを受けたいと思っているのは、どのような人でしょうか?
  • なぜ、受けたいのでしょうか?

サービスをと思うには理由があり、商品そのものではなく、そのサービスを通じて得られることに本質的な価値があるんです。「ベネフィット」って聞いたことあると思いますが、それです。

つまり、「サービスを販売する」のではなく、「ベネフィットを提案する」ホームページを構築するわけです。そして、そのお客様に対して何を提供すれば喜んでもらえるかを徹底的に考えて下さい。

「このサービスに興味があれば、きっとあの情報が役に立つのではないか」というように、お客様の立場になって心理面から考察すると展開がしやすくなります。

あなたは誰?

先ず、お客様が求めている本質的価値が、あなたの提供するサービスにあると判断した場合に購買に結びつくということを理解して下さい。その上で重要になるのが、お客様にとってあなたは誰ですか?とういうことです。

あなたの発信する情報が受け入れられるには、その情報に関しては少なくともお客様よりもあなたの方が長けている必要があります。でなければ、その情報に信憑性はありません。

  • あなたは誰ですか?
  • あなたは何故そのサービスを提供しているのですか?

信頼がなければ買わない

同じ商品を買うなら「このお店で」とか、「あの営業マン」からという経験はありませんか?「こんな感じのモノが欲しいんだけど、あの人に相談してみよう」とか、あなた自身が誰かに相談されることもあるかもしれません。

その場合、お客様があなたのところに相談に来る時点では、商品を認知はしていないですよね。

もうお気づきですね?

世の中のホームページはただの会社案内だったり、サービス案内だったりで、お客様の立場になって、お客様にとって価値のある情報を提供しようとしていないから成果が出ないんです。

だから、あなたは安心して下さい。
ここまで読んでいただいたあなたは、成果の出るホームページにするための思考になっています。

最強ホームページ制作実習3ヶ月コース

今までの経験から、不特定多数を相手にした座学でのセミナーや、月に一回や二回のコンサルティングでは、ほとんど効果がないことがわかりました。

その場ではわかったつもりでいても、いざ実践しようと思うと進められなかったり、他の業務が忙しくて時間を確保できなかったりして、結局は何もしないで終わってしまうことがほとんどのケースです。

一人でやっている場合は、なおさらです。

ましてや、はじめてのことに取り組むのですから、お手本を示しながら一緒にやらなければ駄目だということに気づきました。自転車や水泳を覚えた時と一緒です。後ろを支えたり、手を持ったり、そうやって手取り足取り。

そこで週に1回、曜日と時間を決めて1~2時間程度のWebミーティングを行い、それぞれの進捗状況に合わせて1週間のタスクを決めて、一緒にやっていくというカリキュラムを作りました。

日々の作業中も、ビジネスチャットでいつでも何回でも相談できますので、一人で悩んでしまい進めれないということはありません。3ヶ月間、あなたのレベルに合わせて手取り足取り指導します。

カリキュラム

1ヶ月目:戦略立案とコミュニケーション設計

『あなたのサービスを欲しい人は誰』『あなたは誰』『あなたから買う理由は』を徹底的に突き詰め、あなたの事業に合わせた『戦略』を立案します。そしてその『戦略』を『戦術』に落とし込み、お客様とどう接点を持ちコミュニケーションをとるか、当社独自のワークシートを使用して設計します。

あなたの事業主としての経験や考えと、僕のマーケティングの経験と考えをぶつけ合わせることで化学反応を起こし、一人で考えるよりも格段に良い『戦略』が立てられるはずです。

2ヶ月目:コンテンツ計画とホームページ制作

1ヶ月目に作成した戦略立案とコミュニケーション設計ワークシートを基に、具体的なコンテンツを計画します。

はじめから、あれもこれもと盛り込むことはありません。必要最低限のコンテンツでホームページを制作し、先ずは全体像を形にしましょう。

Q.ホームページって、そんなに簡単に作れるの?

ホームページの作成には当社で開発した『簡単・最強・格安ホームページ』というシステムを使いますので、FacebookなどのSNSに文章と写真を投稿したことがあれば、誰でも簡単に作成できます。

実は、この当社のホームページも、そのシステムを使って作成しています。

3ヶ月目:コミュニケーション分析と改善

お客様対応だけが日々のホームページ運営業務ではありません。

ホームページは作っただけでは穴の空いたバケツと同じ。どこにどのぐらいの穴がいくつ空いているかを把握し、穴を小さくしたり、塞いだりしなければ、いくら蛇口をひねって水量を多くしてもバケツに水は溜まりません。

つまり、この穴こそがお客様とのコミュニケーション上の課題であり、ここを改善しないことには効率よく売上を伸ばすことはできないのです。

Googleが無償で提供しているアクセス解析ツールを使って、ホームページ上でのお客様の行動分析を行うことで、コミュニケーションの課題を発見し改善を行います。ここで発見したコミュニケーションの課題で、コンテンツを追加する必要が出てくれば作成します。

Q.ホームページ制作のポイント

成果があるかわからないコンテンツをはじめからガッツリ作るのではなく、必要最低限のコンテンツでスピーディーにホームページを立ち上げ、ホームページに訪れたお客様の行動分析を行い、必要であればコンテンツを追加していくのが効率の良いホームページ作成および運営方法なのです。

ホームページに完成形はなく、分析と改善を繰り返して随時変化していくものとお考え下さい。

費用

30万円(税別)

最強ホームページ制作実習3ヶ月コース
在庫状態 : 〇
価格:¥324,000(税込)
数量
業種別ホームページ
トップへ戻るボタン