秋冬物アパレルブランド売上改善のためのウェブ戦略

slowwear-co-jpブーツのブランドから ECサイトの売上が落ちてしまったので改善して欲しいとの相談がありました。売上が最も伸びるトップシーズンは秋冬です。例年と同じことをしていたのに、独自ドメインの ECサイト(俗に言う「本店」)の売上が激減してしまったそうです。いったい何が起きているのかわからないとのことだったので、先ずは現状分析をしてみることに。

本店以外にもモール出店が複数あり、ブランディングのためのサイトも存在していましたので、それぞれのアクセスと売上との相関関係、過去数年分の推移、現状行っていた雑誌広告の効果を分析することによって、何が原因だったのか有力な仮説が立ちました。

複数のウェブサイトを運営している場合は特に、それぞれの役割と目的を明確にしておかなければ、このような事態に陥ります。本店とモールのお客様では、求めるものが全く違いますので、それぞれのサイトでは訴求するものも変えなければなりません。雑誌に広告を掲載するのであれば、読者に合わせた企画が必要ですし、その目的もはっきりさせておかなければ効果測定もできません。

現状分析により洗い出した課題によって本店にコンテンツを追加。それぞれの店舗の目的と関係性を明確にし、導線の改善を行ったことで過去最高の売上を記録することができました。

対応業務内容

  • 事業現状分析
  • ウェブ戦略立案
  • コンテンツ企画