HARLEY-DAVIDSON日本人デザイナーインタビュー動画

2015年2月、HARLEY-DAVIDSON のニューモデル『STREET 750』のメディア発表会に行ってきました。会場は、横浜大さん橋に入る交差点にあるカフェ。事務所から歩いても行けます。
発表会にはミルウォーキーの本社から日本人デザイナーが来るというので、元々インダストリアルデザイナーを志していた坂上にとっては興味が沸かないはずがありません。

HARLEY-DAVIDSON のメディア発表会を横浜で開催するというのはとても珍しく、その理由を聞いてみると、今回のニューモデル『STREET 750』は都会のストリートを駆け抜けるために開発されたモデルであり、それに相応しい『都会』が横浜の港周辺ということ。また最近アメリカでは、仲間とオートバイに乗ってカフェに行くことが流行で、今回会場になったカフェのオーナーも元々HARLEY-DAVIDSONが好きだったから、お店の内装もそのままで使えた。という様々な好条件が重なって実現したようです。

発表会終了後、噂のHARLEY-DAVIDSON本社勤務の日本人デザイナー”Dais Nagao”氏にインタビューしました。てっきりアメリカ生まれの日系二世かと思い込んでいたのですが、生粋の日本人。日本人でもHARLEY-DAVIDSON本社にデザイナーとして勤められるということに驚きを隠せないまま、彼自身のことを色々話してもらいました。

事務所に戻って直ぐに編集しYouTubeで公開した矢先、彼の奥様が早速見てくださり彼に連絡。
ハーレーダビッドソンジャパン経由で”Dais Nagao”氏からのメッセージが届きます。「素晴らしい動画をありがとう。本社の報告会で見せたいので英語のテロップを入れてくれませんか」と。

なんと、我々の仕事がいきなりアメリカでデビューです。しかも憧れのHARLEY-DAVIDSONで。そこから”Dais Nagao”氏との共同作業がはじまりました。

イーメイドの提唱する『戦略的クリエイティブ』は、お客様と力を合わせないと実現できないものと考えています。経営理念にもあるとおり、お客様のお客様をよく知っているのは、お客様自身だから。我々の仕事は、お客様とディスカッションを重ねながら、お客様のお客様の満足度を最大限高めるために、戦略的な観点からアドバイスさせていただき制作すること。

この手のインタビュー動画は、様々なシーンで戦略的に活用できそうです。